XM

スマホへのMT4導入からEA設定変更の手順まで画像付きで一気に解説

カズです。

今回は

「スマホへのMT4導入からEA設定変更の手順」

についてサクっと画像付きで解説していきます。

この記事を見ることで

・スマホへMT4を導入する
・スマホに導入したMT4からEA設定を変更する

この2つができるようになります。

僕がよくEA運用結果を下記のような画像で出してますが、スマホ上にMT4を入れると、あなたもこのような画面を手軽に見れるようになります。

パソコンよりも見やすく、出先でトレード結果を確認する、EA設定変更するなど資金管理する上で非常に便利なので、ぜひスマホにもMT4導入していきましょう。

スマホに導入したMT4の特徴を知ろう

まずスマホにMT4導入した時に「できること」「できないこと」を解説しておきます。

パソコンであればMT4の全機能を使えますが、
スマホのMT4は手軽な分、使用できる機能に制限があります。

スマホ版MT4で利用可能な機能

①リアルタイム配置やチャート表示
②複数のインジケーター表示(最大30種類ほど)
③損益状況や口座残高の表示
④指値、逆指値、成行注文の発注

スマホ版MT4で利用不可能な機能

①EAの稼働停止や再開、設定変更(※)
②EAのプログラミング
③独自インジケーター表示

(※)専用アプリ導入で①の操作は可能になります。

ということで裁量トレードする方以外であれば、そこまで不便は感じないかと思います。

唯一欠点を上げるとするとスマホではEAのロット変更や稼働停止という操作(①部分参照)ができないという部分です。

ただ、「Microsoft Remoto Desktop」というスマホアプリを導入することで、パソコン版MT4と全く同じ操作ができるようになるので、本記事で併せて紹介します。

なので本記事の通り進めれば「パソコン版MT4と同じことがスマホでもできる」ようになりますので、ご安心いただければと思います。

スマホにMT4を導入しよう

スマホアプリ画面でMT4を検索する

スマホ(AndoroidならGoogle Play,iPhoneならApp Store)のアプリ検索画面に「Meta Trader4」と入力してください。

MetaTrader 4 FX取引をインストールする

いくつかMT4に関連するアプリが表示されますので、その中から「Meta Trader4 FX取引」というアプリを探しインストールを押します。

※App Storeで検索すると「Meta Trader4」という名前で表示されます。

無事インストールできたら、スマホのデスクトップ上に「MetaTrader4」のアイコンが表示されます。

以上でスマホへのMT4導入は完了です。

スマホ版MT4にログインしよう

MT4のモード選択をする

デスクトップ表示されたMT4アイコンをタップして起動します。

最初にスマホへの通知有無(ポジションを持った時にスマホに知らせる等)の選択表示されますので、任意で選んでください。

画面が明るくなるので、画面一番上にある「シンプルモード」「詳細モード」を任意で選択ください。(今回は詳細モードで解説を進めます)

その後、画面一番下の右にある「設定」をクリックします。

MT4の設定から「既存アカウントにログイン」へ進む

設定画面に切り替わりますが、初期状態ではXMのDemo口座にログインしてる状態です。

そのため、ここから既存のXM口座にログインする必要がありますので「新規口座」をクリックします。

※Andoroidの場合は「MetaTrader 4 iOS Demo」とは別表記がされてます。

「新規口座」画面に遷移しますので、その中の「既存のアカウントにログイン」をクリックします。

サーバ検索欄にサーバ名を入力しXM口座を選択する

「既存のアカウントにログイン」をクリックするとサーバ検索画面に遷移しますので、この欄に「XMTrading」と入力し検索ください。

するとログインできるXMのサーバーが一覧表示されますので、あなたが利用しているXM口座のサーバーを探して選択しましょう。

選択したXMサーバーにログイン(サインイン)する

サーバー名を選択すると「ログイン」画面が表示されますので

①「ログイン」と「パスワード」入力し「パスワードを保存」をクリック
②その後にサインイン

の順で手続きを進めてください。

ログイン(サインイン)成功すると「設定」画面に戻り、デモ口座ではなく

「あなたのXM口座にログインしている表示」

が確認できれば以上でスマホのMT4でログインは完了です。

補足:スマホ版MT4画面の見方

ここでは補足としてスマホにインストールした
MT4画面のトレード状況や資産画面の見方を解説します。

現在のポジション(トレード)状況を確認する

スマホ画面の一番下中央にある「トレード」を
クリックすると現在のポジション(トレード)状況を確認できます。

日・週・月・任意別の資産状況を確認する

スマホ画面の一番下の右から2番目の「履歴」を
クリックすると「日・週・月・任意別」で資産状況を確認できます。

①日別資産状況の確認方法

スマホ画面の一番下の右から2番目の「履歴」をクリック、
画面上部、一番左端の「日」を選択すると当日の資産状況が確認できます。

②週の資産状況の確認

スマホ画面の一番下の右から2番目の「履歴」をクリック、
画面上部中央の「週」を選択すると週の資産状況が確認できます。

③当月の資産状況の確認

スマホ画面の一番下の右から2番目の「履歴」をクリック、
画面上部右側の「月」を選択すると当月の資産状況が確認できます。

④任意選択した時期の資産状況の確認

任意時期の資産状況を確認するには、スマホ画面の一番下の右から2番目の「履歴」をクリック、画面上部、一番右側の「カスタム」を選択します。

その後、資産状況を確認したい時期を任意選択する画面が表示されますので、該当時期を入力し「OK」をクリックします。

その後、選択した時期の資産状況が表示されます。

スマホからVPSを使いEAの設定を変更する

今までの流れでスマホにMT4導入~ログインまで完了しましたので、ここからは「スマホからVPSを使いEAの設定を変更する」手続きの流れを解説していきます。

手順通りに進むことで

「スマホやタブレットからVPS画面を操作しMT4に設置したEAを自由に扱える」

ようになります。

EAのロット変更したい・EAの稼働停止したいが出先で手元にPCがない場合でも、スマホやタブレット上でVPSのMT4設置したEAを扱えるので、万が一の対応時に役立ちます。

では早速見ていきましょう。

スマホに「Microsoft Remoto Desktop」をインストールする

まずお使いのスマホやタブレットのアプリ検索画面に「Microsoft Remoto Desktop」と入力します。

「Microsoft Remoto Desktop」アプリが表示されますので「入手」を押してインストールします。

インストール完了すると「RD Client」という名前で「Microsoft Remoto Desktop」アプリがスマホ/タブレットのデスクトップに表示されます。

以上で「Microsoft Remoto Desktop」のインストールは完了です。

「Microsoft Remoto Desktop」を起動する

「Microsoft Remoto Desktop」をタップ後、「Bluetooth,マイク,カメラへのアクセスが要求されます」の表示が出たら「続行」を選択します。

その後、Bluetooth,マイク,カメラの仕様/アクセス確認画面に進みますので、それぞれ任意で選択してください。

「Microsoft Remoto Desktop」にログインする

その後、下記①~③の手順で進めます。

①スマホ画面左下の「PC」が赤色になっている
②画面中央に「PCがありません」を確認する
③画面上部の右にある「+」をクリックする

※この時①部分が「PC」ではなく「ワークスペース」選択されてる場合は「PC」をタップして②~③の手順に進んでください

「PCの追加」という画面に変わりますので、その下の「PC名」をタップし、ABLENET契約時に届いた「VPS(Winプラン)設定完了通知」メールに記載の「WindowsServer設定情報」の「コンピュータ」欄の情報を入力ください。

PC名入力後は「ユーザーアカウント」をタップ。

ユーザーアカウント画面が表示され、その中の「ユーザーアカウントの追加」をタップ。

「ユーザー@ドメインまたはドメイン/Userネーム」「パスワード(オプション)」欄には、下記を参考に「VPS(Winプラン)設定完了通知」メール記載の「WindowsServer設定情報」の「ユーザー名」「パスワード」情報を入力ください。

①「ユーザー@ドメインまたはドメイン/Userネーム」=「ユーザー名」
②「パスワード(オプション)」=「パスワード」

※アカウント入力例※

次に任意で「フレンドリ名」を入力します(今回使用するEAの名称をつけておくと、今後EAを複数利用する際に便利です)

最後に画面一番右上の「保存」をタップします。

以上でログイン完了です。

スマホ経由でVPSに接続できているか確認する

ログイン完了するとPC画面欄に下記のようなVPS接続済みの画面が表示されますので、その表示をタップします。

※下記のようなデスクトップPC画面かMT4チャート画面が表示されます。

するとスマホ/タブレットからVPS接続し、下記のようにMT4のチャート画面が表示され、接続されたことが確認可能です(スマホ画面を横向きにしてます)

以上で接続確認は終了です。

あとは画面上のカーソルを指で操作することで、スマホ/タブレットから遠隔でパソコンと同じようにMT4操作が可能です。

スマホで接続したVPSからMT4の自動売買停止・再開方法

出先で手元にパソコンがなくMT4がさわれない場合の「スマホで接続したVPS上からMT4の自動売買を停止する方法」について説明します。

まずスマホ/タブレットから「Microsoft Remoto Desktop」経由でVPS接続しMT4チャートを表示させます。

チャート画面の上部左側にある「緑▶マークのある自動売買」ボタンをタップすると、「赤▶マークのある自動売買」に変化しEAによる自動売買が停止されます。

再開する場合は「赤▶マークの自動売買」ボタンをタップすると、「緑▶マークのある自動売買」ボタンに変化しEAによる自動売買が再開されます。

スマホからVPS接続を終了する

VPS画面上部にある「虫メガネ」「矢印(が向き合ってるアイコン)」「キーボード」アイコンの内の「矢印(が向き合ってるアイコン)」をタップします。

画面が切り替わりましたら右下の「すべてのPCを切断」をタップすることでVPS接続を解除可能です。

以上がスマホ/タブレットからVPS接続から設定変更、接続解除までの流れとなります。

即効で資産を増やしたいあなたへ

月利40%を叩きだす
FX自動売買システム
先着30名限定で配布中です。

受け取りは簡単。

下のLINE公式アカウントに登録するだけ。

※登録は30秒もあれば終わります。
※バーコード登録,または「@inw0436t」でID検索ください。

登録後は「FXシステム希望」とメッセージください。

追ってこちらからご連絡いたします。

ではカズでした。