VPS契約方法

ABLENET(エイブルネット)のVPS契約方法を画像付きで一気に解説

カズです。

今回は

「ABLENET(エイブルネット)のVPS契約方法」

を解説します。

■ABLENET(エイブルネット)
■VPS(仮想デスクトップ)

を知らない人のために
VPSの簡単な仕組みから説明していきます。

・VPSとは何か
・なぜVPSが必要なのか
・ABLNETの契約方法

この記事で全部わかるので参考にしてください。

VPS(仮想デスクトップ)とは?

VPS(Virtual Private Server)は

・仮想デスクトップ
・仮想サーバー

とも呼ばれ、仮サーバーに24時間
稼働可能な自分専用デスクトップ環境を作れる機能です。

クラウド(仮想空間)上にあるので、
「パソコンを家に置いて外にいる状態」
でもどこからでもアクセスすることが可能です。

このVPSにMT4をインストールし
EAを稼働すればパソコンを常時つけなくても

「24時間途切れることなくEAを稼働させられる」

非常に便利の良い環境ができあがります。

VPSのメリット

FX運用におけるVPS最大のメリットは

「安全にEAを24時間365日稼働できる」という点です。

本来、EAを運用するためには
自宅のパソコンに直インストールして
24時間休まず起動し続ける必要があります。

ですが、EAの安定稼働には

・パソコンのスペック
・インターネット回線速度
・停電等のネット回線切断対策
・再起動の管理(Windowsアップデートによる再起動を防ぐ)

など、EAを安定的に稼働するための環境や条件が必要です。

またPCを24時間稼働させるので
電気代もかかり、何より常時稼働は
PC本体の負担が大きく機器の消耗も早くなります。

でもVPSでEA設置しトレードすれば

「VPS上(仮想環境)でEAを24時間途切れることなく稼働できる」

ためPCのスペックや回線速度、途切れも
起動管理も一切不要で自宅PCも常時起動しなくてよくなります。

そのためEA利用するトレーダーは
必ずどこかの会社のVPSを利用しています。

VPSの主なメリットをまとめると以下。

①通信が安定している
②通信の途切れもない
③再起動がかからない
④自宅PCのスペックや消耗とも無関係
⑤停電やOSアップデートによる取引停止も起こらない

以上の理由からもVPS導入のメリットは大きいです。

VPSのデメリット

反対にVPSのデメリットは
サーバーを借りる必要があるため

「サーバー費用がかかる(月~年額)」という点です。

※業者で金額に多少の違いはあるものの
月額平均で2000円~3000円のサービスがほとんど。

ただ、ここをデメリットと見るかは正直、微妙なところです。

というのも仮にVPS契約せずに
パソコン常時稼働で運用した場合は電気代がかかるからです。

例えばデスクトップPCだと1ヵ月で2300円ほど
電気代がかかるのでVPS契約しても大差ありません。

価格差の負担もそれほどではないので、
EA運用するのであればVPS利用を推奨します。

お薦めのVPSサービス

VPSを扱う事業者は多いので、
どこにするか迷ってしまうと思います。

そこで初心者にも安心な「ABLENET(エイブルネット)」をお薦めしています。

数ある事業者の中でもABLENETは
FX自動売買(EA)運用に特化したVPSサービスを提供しています。

他社VPSと比べて動作が非常に軽いため、
MT4使用のEAトレード環境としては

「ABLENET一択」

と言っても良いほど快適に作動するので
システムトレーダーに非常に人気なサービスです。

設置もそこまで難しくないのと
広告費を抑えて割安価格で設定してあるので

・初心者
・中級者
・上級者

全てのFXEAトレーダーにお薦めの環境となります。

ABLENET(エイブルネット)のVPS契約手順

ABLENET(エイブルネット)のVPSを選択する

まずこちらからABLNET(エイブルネット)のページを開いてください。

ABLENET(エイブルネット)

ページが開いたら下記図のように
VPSと書かれてる方の「くわしく見る」をクリックします。

※ABLENETにはVPSと共有サーバーの
2サービスありますが「VPS」を選択ください。

次の画面の右上にある「申し込む」をクリックします。

ABLENET(エイブルネット)のプランを選択する

プラン選択画面が開きますので

「Windowsプラン」

で契約を進めていきます。

※ここでVPSプラン(Windowsがインストールされてないプラン)を選択しないよう注意ください。

サービスプランは左から2番目の「Win2」を選択します。

「Win1」はEAがスムーズに稼働しないリスクあり、
「Win3」だと容量が多すぎてオーバースペックです。

ストレージを選択する

Win2のストレージは「HDD」か「SSD」を選択します。

ストレージとはデータの記憶装置です。

HDDよりSSDの方が処理速度が
圧倒的に速いため「SSD 120GB」を選択します。

支払い方法を選択する

支払い方法は

「クレジットカード試用期間あり」
「クレジットカード試用期間なし」
「コンビニ払い(手数料160円+税)」

の中から任意で選択します。

■支払い方法別の注意事項■

※「クレジットカード試用期間あり」は10日間のお試し期間がありますが、試用期間中に本契約移行処理をしないと自動で契約廃止になるのでご注意ください。

※お試し期間から本契約移行を忘れる方が多いため、移行処理漏れを心配される場合は「クレジットカード試用期間なし」を選択してください。

※「コンビニ払い」は登録住所に「コンビニ振り込み票」が送られ、最大10日間の猶予内に入金完了すれば本契約となります。

※コンビニ払いも10日間の猶予内に支払いがなければ、自動的に契約廃止になるのでご注意ください。

利用規約への同意と利用コンテンツについて同意を行う

続いて「利用規約への同意」です。

・利用規約への同意が必要です。
・ご利用コンテンツについて

確認後、全ての項目にチェックを入れてください。

終わりましたら「契約期間の選択に進む」をクリックします。

サーバー契約期間を選択する

次ページに進み、サーバー契約期間を任意で選択します。

なお支払い方法に「コンビニ払い」を選択した場合、
「サーバー契約期間」は「6か月払い」or「年払い」のみ選択可能です。

「月払い」は選択できませんのでご注意ください。

■契約期間の料金について

①月払い:月額2554円×税(税込み2809円)で割引なし
②6ヵ月月払い:半年分13600円×税(税込み14960円)で約11%割引
③年払い:年額24916円×税(税込み27407円)で約19%弱割引

※コンビニ払いは各料金に加え+160円+税(税込み176円)必要です

契約期間の下の「オプション」(リモートデスクトップサービス(RDS)ライセンス)は、不要ですので、選択せず「0」のままで大丈夫です。

画面右下にある「見積り画面へ進む」をクリック。

見積り額の確認

選択プランの見積りが表示されるので確認しましょう。

※本記事では年払いの金額で進めています。

WindowsServer利用規約に同意する

その次に

「WindowsServer利用規約 エンドユーザーライセンス条項」

を読んだ上で「同意する」にチェックをします。

WindowsServerの初期OSを選択する

少し下に進むと
「WindowsServer初期OS」
を選択する画面になるので任意のOSを選択します。

※本記事では「WindowsServer2019」で進めています。

次に画面右下の「申込者情報の入力へ進む」をクリックします。

お申込者情報を入力する

「お申込者情報」の各項目に必要情報を入力していきます。

法人名(カナ含む)とFAX以外は
必須項目となってますので漏れないよう記載ください。

・法人名:(例:株式会社 田中)
→必須ではありません。法人であれば記載ください。

・法人名(カナ):(例:カブシキガイシャタナカ)
→必須ではありません。法人であれば記載ください。

・お名前:(例:田中一郎)
→姓:田中 名:一郎

・お名前(カナ):(例:タナカ イチロウ)
→姓:タナカ 名:イチロウ

・国名:(例:日本)
→お住まいの国を選択ください

・郵便番号:(例:1030027)
→お住まいの郵便番号を入力ください

・都道府県:(例:東京都)
→お住まいの都道府県を入力ください

・住所(市区町村):(例:中央区日本橋)
→お住まいの住所(市区町村)を入力ください

・住所(番地、ビル建物):(例:3丁目2-5-303)
→お住まいの住所(番地、ビル建物)を入力ください

・電話番号:(例:09011112222)
→あなたの電話番号を入力ください

・FAX番号:(例:032223333)
→必須ではありませんので、あれば記載ください

・メールアドレス:(例:fx-mania777@gamil.com)
→ABLNETからの通知が来るので利用してるアドレスを記載ください

・メールアドレス(確認):(例:fx-mania777@gamil.com)
→ABLNETからの通知が来るので利用してるアドレスを記載ください

終わりましたら画面右下の「注文内容の確認へ進む」をクリック。

申し込み情報の確認をする

次の画面では「申し込み情報」が
一覧で出てくるので間違いがないか確認ください。

クレジットカード情報の入力

クレジットカード払いを選択した方は
画面を少し下に進めて「クレジットカード情報」を入力します。

・クレジットカード番号:(例:987654321321654)
→ハイフンや空白は不要です

・クレジットカード有効期限:(例:12月/2025年)
→「月」「年」の順に選択ください

・クレジットカード名義:(例:ICHIRO TANAKA)
→カード記載の名義をアルファベットで入力ください

・セキュリティコード(例:777)
→クレジットカード裏面に記載の3~4桁の数字を入力ください(数字が複数印字されてる場合は、一番右端にある数字3~4桁が該当します)

クレジットカード情報の入力が終わりましたら
画面右下の「注文を確定する」をクリックします。

お申込み完了画面の確認

お申込み完了画面に遷移します。

※完了画面記載の「お客様のお問合せ番号」は契約に関してABLENETに確認する際に使用しますので、忘れないようメモ帳等に保存しておきましょう。

これでABLNETページからの申し込みはひとまず完了です。

次に、この完了画面と同時に登録メールアドレス宛に
ABLENETから「お申込み受付けお知らせ」が届いてますので、確認していきます。

お申込み受付けお知らせメールの確認

登録したメールアドレスBOXに
「お申込み受付けお知らせ」が届いてるかチェックください。

万が一届いてない場合は

・迷惑メールBOX確認
・受信拒否設定

などのフィルターがかかってないか確認ください。

※どうしてもメールが見当たらない場合は、お申込み完了画面に記載の「お客様のお問合せ番号」を記載の上、ABLNETに確認しましょう。

VPS(Winプラン)設定完了通知を確認する

「お申込み受付けお知らせ」メール到着後、
しばらくすると「VPS(Winプラン)設定完了通知」メールが届きます。

このメールが届きましたら

「VPS(仮想デスクトップ)を起動させられる状態」となります。

このメール記載の「WindowsServer設定情報」にある

・コンピュータ
・ユーザー名
・初期パスワード

この3つはVPSに接続するための重要な情報です。

そのため、これら3つの情報は「メール保存」or「メモ帳保存」して、絶対に無くさないように管理しておきましょう。

クレジットカード試用期間から本契約移行の流れ

「クレジットカード試用期間あり」を選択した場合、10日間の試用期間が用意されますが、継続使用する場合は10日間中に本契約に移行する必要があります。

※もし本契約せずに10日過ぎますと「サーバー停止(データ廃止)」となります。

ここからは「試用期間から本契約移行までの手続き」を解説していきます。

ABLEパネルにログインする

契約時にABLENETから配信された「VPS(Winプラン)設定完了通知」の中に

「ABLEパネルのURL」

が記載されていますので、そちらをクリックします。

URLをクリックすると「ABLEパネルにログイン」という画面が表示されますので、「ABLEパネルID」と「パスワード」を入力し「ログイン」をクリックします。

※「ABLEパネルID」と「パスワード」は「VPS(Winプラン)設定完了通知」の中の「ABLEパネルのURL」の真下に記載されています。

本契約への移行手続きを行う

「ABLEパネル」にログインすると、トップ画面に「試用期間中」と書かれた画面が表示されています。

その中に記載されている

「本契約への移行/試用期間中のキャンセル手続きへすすむ」をクリックします。

次に「試用期間の終了(本契約への移行/VPSの廃止)」という画面になりますので、

①「本契約への移行」真横にあるラジオボタンを選択
②その後に一番下中央にある「送信」をクリック

上記の順番で手続きを進めてください。

すると「確認」のポップアップ画面が表示されるので「OK」をクリックします。

続いて「完了」のポップアップ画面も表示されるので、ここも「OK」をクリック。

VPS本契約移行のABLENETからの通知を確認する

登録のメールアドレス宛にABLENETより

『[ABLENET:VPS]本契約への移行』というメールが届きます。

※この通知が来た段階では、まだ本契約ではありません。

申請内容に問題が無ければ、このメールの後

「VPSサービス本契約開始通知」が届きます。

このメールが届きましたら、はれて「本契約のVPSサービス利用開始」です。

以上がVPSの本契約開始手続きの流れとなります。

即効で資産を増やしたいあなたへ

月利40%を叩きだす
FX自動売買システム
先着30名限定で配布中です。

受け取りは簡単。

下のLINE公式アカウントに登録するだけ。

※登録は30秒もあれば終わります。
※バーコード登録,または「@inw0436t」でID検索ください。

登録後は「FXシステム希望」とメッセージください。

追ってこちらからご連絡いたします。

ではカズでした。